ロイヤルウッドの施工事例について

ロイヤルウッドには色々なブランドがありますが、同じブランドを選んでも同じ住居が完成するわけではなく、その人その家族によってそれぞれ違います。
完全オリジナルの世界に一つしかない住居を持ちたいという願いを叶えてくれるのがロイヤルウッド。
その成功事例について少し紹介したいと思います。

まずは二世帯住宅です。
最近は二世帯住宅の需要が多く、色々なハウスメーカーが二世帯住宅のお得なサービスなどを提供しています。
ロイヤルウッドの二世帯住宅をラッタンバリーで建てた施工事例を見てみると、全面積72.53坪に対して1階部分がその2/3程度の面積を使い、2階部分が1/3程度の面積となっている住居があります。
二世帯というとおじいちゃん、おばあちゃん、世帯主夫婦と子供、という家族構成が一般的だと思いますが、この面積比率を見てわかると思いますが、1階部分におじいちゃんとおばあちゃんの住空間が作られています。
家族全員が集まるリビングを大きく取って、おじいちゃんやおばあちゃんはそのまま階段を使わずに1階だけの移動で済むので、日頃の健康にも配慮がされています。

また一つの家という形ではなく、二つの家が織なっているようなデザインにすることで、二世帯であってもお互いの家族のプライバシーは守られているような安心感もあります。
住居の色調は好みもありますが、世代を問わずに心が落ち着くような柔らかい色が人気です。
目的に合わせて各部屋の広さを調整し、色彩のコーディネートも自分たちで選ぶことができるので、自由設計で家族全員が快適に過ごせる環境を整えてくれます。

住宅街に建てるムーンストリームは高級感ある鉄筋コンクリートが映えます。
鉄筋コンクリート造だからこそできる立体的空間をつくることで、最先端の住居が完成します。
対比から生まれる心地よい住まいというコンセプトの住居では、高さが5メートルほどもある大きな窓が特徴的です。
この大きな窓によって解放と落ち着き、そして光と影という双方の対比を存分に楽しむことができるのではないでしょうか。

それから最近はペットを飼っている人が多いですよね。
ロイヤルウッドではペットと暮らす家づくりにも取り組んでいます。
その施工事例を見てみると、ベースはシンプルモダンでありながら他にはなり貴重なオリジナリティが繰り広げられています。
飼っている人にしかわからないペットの普段の行動や癖などを取り入れて住居を建てることで、家族もペットのずっと快適に元気に生活していけると思います。
キャットウォークをリビングに設置するなど、その家族によって様々な工夫がされています。